大阪のヘルスが人妻応募について

谷九 風俗人妻求人トップ > 大阪のヘルスが人妻応募について

大阪に数多く存在するヘルスの中でも、近年目覚ましい成長を遂げているのが、何を隠そう「人妻ヘルス」だ。一般的な二十代の女の子が集められた王道のヘルス店もいいけど、人妻ならではの癒しやぬくもりが欲しい……そんな声にお応えしているのが人妻ヘルスなのである。風俗店を利用される方の中で、意外に多いのが「若い子はちょっと怖い」という声だ。女性は若けりゃいいってもんじゃないということだ。若くてピチピチした、瑞々しい肌はもちろん魅力的だが、ちょっぴり熟れ気味の柔肌もまた違った魅力があるではないか。事実、人妻専門ヘルスの数はどんどん増えている。店の数が増えているということは、利用客が増えていてニーズが高まっているということ。時代は変わりつつあるのである……いつしか若い女の子を集めたお店よりも、熟女・人妻を集めたお店の数が多くなるという逆転現象さえ起きかねない勢いだ。

大阪ヘルス人妻の魅力

一昔前の感覚でいうと、「人妻」というとマニアックなジャンルだった。友達の母親に淡い恋心を抱いたことがある男性も、きっと多いはずだ。友達の母親となるとタブー感は出てしまうが、それだけ男という生き物は年上の女性に対して何かしらの憧憬を抱いているということに違いないだろう。 「年上の女性の何がいいのか?」という野暮な質問は受けつけない。それは「若い女性の何がいいのか?」と聞くことと同じであり、そこに理由などないと思う。強いていうならば、年上の女性の魅力の一つとして、「包容力」が挙げられるだろう。べつに近親相姦的なタブーを望んでいるわけではない。それはいきすぎである。近親相姦にはならず、母親に甘える感覚で、女性と接したい――。もっというならば、包んでもらいたい、いや、守ってもらいたい。生来、男は弱い生き物であり、女は強い生き物である。強すぎるがゆえに、女からは腕力が奪われた――という神話的エピソードも存在するくらいである。男が女に癒しを求めるのは自然の摂理である。逆に、女は男に対しては、もっと現実的、具体的なものを望む。それは金銭であったり、家柄であったり、我が子を形作るDNAであったりする。女という生き物はおしなべてリアリストなのである。対して男はロマンチスト――。この意見に反対する者は多くはないだろう。閑話休題、人妻ヘルスの話へと戻ろう。斯様に需要のある人妻ヘルスである。男のニーズに応えているのはもちろんのこと、女性からのニーズにも応えている。「はて、どういうことか?」と首を傾げられた方は、少し考えていただきたい。

大阪人妻ヘルス求人の今と昔

私がいっているのは働く女性のためにも、人妻ヘルスは理に適っているということだ。これまではヘルス店で働くことは、若い女性の特権だった。若いからこそ風俗で働くことが叶う……若さを失ってしまえば、もう需要はなくなり、風俗店で働くことはできなくなる……。そんな時代は終わったということだ。再三述べてきたように、人妻だからこそ、熟女だからこそ、いまの時代では需要が生まれてきているのだ。いまや年齢を問わず、風俗ヘルスでは女性が募られているということ。これは働く女性にとってはなんとも心強い。「もう三十代だから……私なんて、もう相手にされないわ。どこに行ったって、残り物。残り物には福があるなんていうけれどね、誰にも食べてもらわなけりゃ、福があるかどうかもわかりゃしないものね……」そんな泣き言をいっている女性はすでに前時代の産物なのである。三十代? 四十代? 年齢なんて関係がないのだ。はたまた、五十代……? 六十代……? なんのなんの、熟れた女性の魅力に世の男性が括目しはじめてきた現代である。女は死ぬまで女だ。そして貴女を求めている男は、貴女が予想する以上に多いのだということに気づいてほしい。さて、決心がついた貴女はじつに賢明だといえる。ここからは実際に人妻ヘルスで働くにあたっての、流れを追っていこう。まずは目ぼしいお店を見つけることだ。たとえば大阪であれば、人妻ヘルスは唸るほど多く存在する。求人応募の募集も然りだ。その中でも有名店、無名店がある。確かに有名店はそれだけご利用客からの支持を集めた結果として有名になっているので、一概にはいえないが、参考にするといいだろう。もちろん有名店は在籍数も多く、競争率が激しい店がちらほら見られる。一日に利用するお客さんの総数はだいたい決まっているので、その客の奪い合いだとすると、競争率が激しいところではなかなかうまく稼げないという可能性がある。インターネットでお店のページなどを参考にしつつ、情報を集めていき、そのあとは応募の段に入る。電話応募、メール応募がある。これはお好みの応募方法を選択していただきたい。しかし、電話だと担当者の生の声が聞けるので、個人的には電話応募をおすすめする。そうして面接になるわけだが、もし不安に思っていることや疑問点があれば、きっちりと面接で聞くようにしよう。不明点を残したまま仕事に入るのはやはりスッキリしないだろう。いずれ不安は不信感へと姿を変える。完全に納得がいき、「このお店で働きたい」と決心がつくまでは、石橋を叩いて渡るといった具合に、慎重に判断していこう。皆さんの健闘を祈っている。