シングルマザーが受けることができる経済支援

谷九 風俗人妻求人トップ > シングルマザーが受けることができる経済支援

シングルマザーの女性にとって悩まされるのがやはり、『お金』になると思います。
シングルマザーの女性には手当が出たり、国から税金などの免除や助成制度があります。
知っておいて損はないと思いますので、こちらで紹介させていただきます。

児童扶養手当

母子家庭や父子家庭といったひとり親の家庭に支給される手当です。
地域にもよりますが全額で月に¥42,330円支給され、所得に応じてもらえる金額は変動します。
児童扶養手当は申請しないともらえないので市役所などで手続きが必要です。

児童手当

子供にかかる生活費を支援する名目で国から支給される手当です。
子供の年齢やこちらも所得に応じてもらえる金額は変動します。
こちらの手当は申請すれば、結婚している時からでも支給されるのですが、結婚している時には父親側の口座に振り込まれる場合が多いので、離婚した際などは口座変更の手続きが必要です。

この2つの手当は申請さえすれば支給してもらえますが、毎月の支払いではなく、年に3回の4ヶ月分ずつといった形で支給されます。

お子様が小さいうちは、病院にかかることも多いと思います。しかし経済的な理由で病院に行くことをためらってしまわないようにシングルマザーの家庭などといったひとり親の家庭は、医療費の自己負担が1割になる『ひとり親家庭等医療費助成制度』といったものが受けられます。
健康保険に加入していれば、子供は18歳まで、親は子供が18歳になるまでこの制度を利用できます。
お子様だけでなく働くシングルマザーの女性も医療費の負担が軽減されます。

教育の分野でも支援は受けられ、『就学援助』といった支援もあります。
シングルマザー家庭で児童扶養手当を受けている家庭が対象となり、15歳以下の子供にかかる給食費、学用品代、入学準備金、修学旅行費といった費用が援助されます。

他にも、
【所得税、住民税の減税】や【国民年金や国民健康保険】も申請すれば、免除される場合もあります。
また生活に欠かせない【上下水道の減免】などといったこともあります。

就業支援としては、
【マザーズハローワーク】というハローワークと同じようにお仕事の紹介をしてくれる施設があります。
シングルマザーの女性のように子育てをしながら就職活動をするのは、かなり労力がいりますので、このマザーズハローワークにはキッズスペースや託児所が用意されていたりと、小さなお子様がおられても就職活動ができるようにと配慮がされています。

このように、シングルマザーの女性を支援する制度は増えてきています。
しかし、まだまだ充分とは言えない状態です。ですが、少しでも助かることがあると思いますので役所などで申請して支給を受けられればと思います。

子育てや就職活動などで忙しいとは思いますが、行政からの支援を受けるまでの間や、他のお仕事がみつかるまでといった短期間でも働くことができ、少しの空いた時間でも高収入な風俗のお仕事はシングルマザーの女性にとって都合よく働きやすい環境だと思います。